「STAGE」終演。そして START !

ありがとうございました

丸福ボンバーズ第13回本公演
「STAGE ~舞台、位置、足をつける場所~」

終了いたしました。

ご来場、誠にありがとうございました。

水俣公演(2019年11/30,12/1)から含めると、
今回の公演は何だかとても長い公演だったなぁと
あらためて感じます。

終わった時に、これまでにない
開放感があったのを覚えています。
(あ、間に新年工場見学会もあったから
なおさら緊張感が続いていたのか?!)

ざわつき

今回、僕は、
”リーチマイケルの物まねをするタレント”
「真池利一(まいけ りいち)」を演じました。


真池利一(ものまねタレント)

このキャラクター、もちろん初演の
「STAGE」には登場していません。
(そもそも僕は初演には、本キャスト
としては出ていませんでしたからね)

今回、僕とNORIYASUさんと渡邊杏奈
新たに加わったので、
新しいエピソードとして
僕らのシーンが書き加えられました。
もちろん西さん(西川浩幸)も♪

そんな”完全版STAGE”

プロローグで、
ほぼ全員のキャストが順番に登場する
群像シーンがあるんですが、

最後に僕が登場すると、
毎回劇場が”ざわざわ”っとするんです。

クスクスと、またはすごいヒソヒソ声で
「リーチだ!」「リーチ?」
みたいな声が聞こえてくる。

お客さんが「なんか異色な奴が出てきたな」
と言わんばかりの空気を発していたのが
とても楽しかったです。

拒み、受け入れ、変容していく

マルボンが毎週行なっているワークショップがあります。

昨年、ラグビーW杯が開催され
日本中がラグビーに熱狂していて、

今回の台本もまだ完成していなかった時、

確かサブさんだったかな、
僕がリーチマイケルに似ているって
言ったんです。(あ、奥様の宮地さんだ!)

で、そんな会話があって、
僕が当時よく流れていたCMで
リーチマイケルの言葉、

「日本に恩返しがしたい」

というのを、マネしていたら
なんかそれが妙にウケたんですね。

それがきっかけでサブさんが
「よし!次のアーツの役はリーチでいこう!」
みたいになったんです。

「STAGE」が再演されることになって、
新キャストとして参加する自分は
一体どんな役なんだろうって
ワクワクしていた時に、

日に日にリーチがかなりの確率で
現実味を帯び始めてきました。

ただ、正直、僕はちょっと抵抗があったのです。

「STAGE」という作品はすでに完成していて
どんな内容かも分かっている。

そこにリーチマイケルが加わる、、、

ちょっと想像がつかないな、、、

ヤバい、ヤバいぞ。
このままでは本当にリーチマイケルだ。

でもサブさんは俄然面白がっている、、、

なぜだ?!

「まいけりいち」のワードも出てきた。

 

くる!くるぞ!

 

そして台本をもらった。

 

キャスト表には、

きっちりと「真池利一」がクレジットされている。

よし、やるしかないな。

真池利一は、
リーチマイケルのモノマネをしている
タレントであって、

普通の人なんです。

何も特別なことはない。(ただ見た目はインパクト大)
でもどこか特別だ(どっちや)

俳優の醍醐味のひとつは、当たり前だけど
「この役をどう演じる」
ってことを考えること。

自分が出来る範囲内でやるよりも
筋トレと同じようなもので、

簡単に上げれるバーベルを
持ち上げるんではなくて、

上げれるかどうか分からない
くらいのところにチャレンジする。

そういったトライが必要だし、

そうだからこそ自分の可能性も
広がっていくんだと思うんです。

だから、

今回、利一という役をいただいて
本当に光栄でした。

そしてなにより楽しかった。

逆に言うと、

あの役は僕しか出来ないんじゃないか?!
と自信を持ってもいいくらいだと思っています。
(そりゃそうだもの、サブさんが僕に当てて書いてくれたんだから)

たくさんのありがとう

今回の「STAGE」、

水俣公演と東京公演、
上演にあたって色々なことがあって
劇団としても大変ではあったんですが、

劇団員のみんな、
スタッフの方々、
たくさんのサポートの方々の協力で
最後までやり遂げることができました。

ありがとうございます。

そしてなにより、
いつも僕を全身全霊で
支えてくれる妻と息子。

本当にありがとう。

2020年、
芝居づくしで良いスタートが切れました。

今年もバリバリ動いて行きたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

最新情報はコチラ!
Advertisement
NO IMAGE

「ウメサトヤ」やってます。umesatoya.com

CTR IMG